子供向け虫除け

おすすめする虫除けボディースプレはこれ!ミストタイプとスプレータイプの違いは?

最近の虫除けスプレーには、エアゾールやミストだけでなくジェルタイプの商品も出てきました。これらの使い分けはどのようにすればいいのでしょうか?ここでは、虫除け剤のエアゾールタイプ、ミストタイプ、ジェルタイプそれぞれの特徴と共におすすめの虫除けグッズをご紹介します。

素早く塗れるエアゾールタイプ

エアゾールタイプは、噴霧量が多く周辺一帯に飛散するため、手を汚さずムラなく付けられます。

しかしながら、空気中に散乱した薬剤を口や鼻から吸い込んでしまう恐れもあり、お子様への使用には不向きです。

そのためエアゾールタイプは、キャンプのようなアウトドアでの使用に適しており、足元に噴射することでブユやヤマビルを確実に防ぐことができます。

サラテクト 虫除けスプレー 無香料(200ml)

サラテクトは、パウダーインでお肌サラサラやさしいつけ心地で、お肌にやさしい4種のうるおい成分(ヒアルロン酸Na、コラーゲン、セラミド、ビタミンC)配合です。

また、有効成分は虫除け剤成分の代表格ディートで、蚊、ブユ(ブヨ)、アブ、ノミ、イエダニ、マダニ、ヤマビルなどから守ってくれます。

有効成分ディートは、対象害虫範囲が広いことからアウトドアで重宝します!

安全に塗れる虫除けミストタイプ

ミストタイプは、一回の噴霧量が少ないので塗る手間は多少掛かりますが、舞い散りが少ないので口や鼻から吸い込んでしまう危険性が低く、エアゾールタイプよりも安全に使用することができます。

首元(顔の回り)は、手に取ってから付けてあげてください。

サラテクト Premium0 やさしいミスト(200ml)

こちらも有効成分はディートなので、蚊、ブユ(ブヨ)、アブ、ノミ、イエダニ、マダニ、ヤマビルから守ってくれます。

サラテクトやさしいミストは、アルコール(エタノール)ゼロ処方なのでお子様のデリケートなお肌でも安心です。また、パラベン(防腐剤)、着色料、香料、界面活性剤フリー、低刺激な無添加処方です。

加えて、こちらの商品は逆さでも使用することができるので、足元などにも使いやすいです。

しかしながら、こちらの商品はディートを使用しているので、6ヵ月未満の乳児にはお使いいただけません。

ディートでは不安という方は、イカリジンタイプのミストタイプをご紹介します!

ディートとイカリジン成分の違いについては、赤ちゃん、大人別、最強おすすめの虫除けスプレーはこれだ!【2023年】研究者が考える最強グッズはこれ!でご紹介しています!

フマキラー 天使のスキンベーププレミアム 虫よけスプレー ミストタイプ(200ml)

適用害虫は蚊、マダニ、ブユ、アブで、ディートより適用害虫が少なくなっています。

しかしながら、1プッシュが0,2mLなので6プッシュまでであれば理論上赤ちゃんに対しても害がないことが分かっています。

尚、上記の計算はNOELから算出しています。NOELについて詳しく知りたい方は、赤ちゃん、大人別、最強おすすめの虫除けスプレーはこれだ!【2023年】研究者が考える最強グッズはこれ!を確認ください。

無駄のない虫除けジェルタイプ

服の上からの使用はできませんが、スプレータイプやミストタイプのように舞い散らないので無駄なく使用することが出来ます。

薬剤を吸い込んでしまう心配がないので、どのタイプよりもお子様に安心して使えます。

自分に塗る場合、腕の裏側や首筋にも塗りやすいのも特徴です。

フマキラー 天使のスキンベープ ジェル プレミアム(40g)

 

有効成分はイカリジンで一つ前に紹介した商品のジェルタイプです。

適用害虫も同様に蚊、マダニ、ブユ、アブです。

こちらもお子様の使用制限もないので、赤ちゃんから安心してお使いいただけます。

お肌にやさしい潤水成分『ヒアルロン酸ナトリウム』を配合しており、ベビーソープの良い香りなのでお子様でも気持ち良く使えます。

まとめ:おすすめする虫除けボディースプレはこれ!ミストタイプとスプレータイプの違いは?

今回は、エアゾール、ミスト、ジェルタイプの虫除け剤の違いについてご紹介しました。

都会で普段使いならイカリジン配合のミストタイプ。

アウトドア等で大人に使用する場合や、足元など顔から遠い所に使用する場合はエアゾールタイプ。

アウトドア等でお子様に使用する場合や、首元に使用する場合はディート配合のミストタイプ。

乳幼児に使用する場合はジェルタイプが適切かと思います。但し、手を舐めてしまう場合があるので手には塗らないようにしましょう。

使用環境や状況に応じて賢く使用し、虫刺されから解放されましょう。